検索



第2章マウスやトラックボールを使いにくい


コンピュータの操作にはマウスやトラックボールが大きな役割を果たします。しかし、障害によっては、それらの操作が容易でない場合もあります。

ここでは、そのケースとして以下の4つを想定し、それぞれのケースへの対応を考えてみます。

コンピュータは、通常、キーボードを通じて命令やデータを入力します。しかし、様々な理由によりキーボードが押しにくい場合があります。ここでは、以下の6つのケースに分け、それぞれの解決手段を紹介してみます。

マウスポインターが見えにくい場合

マウスポインターが小さくて見えにくい場合があります。この時は、ポインターのサイズや形状を変更するためのソフトを利用すれば効果的です。


Windowsのユーザー補助機能には、ポインターやカーソルの変更機能が含まれています。その他のOSでは、いくつかのフリーウェアやシェアウェアを入手することが可能です。

また、パソコンの画面情報を振動で知らせるマウスもあります。