検索



第22章 時間

[挿絵]

時間を知る上での問題とその解決方法について、以下の観点から解説します。

(22-1) 時間概念を理解しにくい場合

残り時間を視覚的に表示できる時計があります。

製品リスト


(22-2) 時計の針や文字盤が見にくい場合

文字盤を大きくした時計がいくつか市販されています。また、時間を音声で読み上げてくれるものもあります。


(22-3) 時計のベル音が聞き難い場合

ベル音を振動に変えて知らせてくれる時計があります。

製品リスト


(22-4) 時計の近くまで移動できない場合

移動に困難がある場合、その視野に時計がない限り時間の確認は困難です。夜中に時間を確認するのも照明がないと難しいと考えられます。


(22-5) 音も聞こえず文字盤も見えない場合

盲ろうの人にとっての時間確認は、特殊な時計を必要とします。