検索



第2章マウスやトラックボールを使いにくい


コンピュータの操作にはマウスやトラックボールが大きな役割を果たします。しかし、障害によっては、それらの操作が容易でない場合もあります。

ここでは、そのケースとして以下の4つを想定し、それぞれのケースへの対応を考えてみます。

コンピュータは、通常、キーボードを通じて命令やデータを入力します。しかし、様々な理由によりキーボードが押しにくい場合があります。ここでは、以下の6つのケースに分け、それぞれの解決手段を紹介してみます。

マウスのクリックボタンが操作しにくい場合

クリックボタンの操作が容易でない場合、いくつかの方法があります。

  • ボタンは押せるが、同時に続けてボタンが押せないためにダブルクリックが出来ない場合、Mac-OSやWindowsのコントロールパネルの中のマウスを設定することで、ダブルクリックが有効になる間隔を調整出来ます。それでも困難な場合は、ダブルクリックを発生させるソフトウェアが有効です。また、ダブル機能をキーに登録することが出来るマウスやトラックボールも市販されています。「2-1:運動機能障害によりマウスポインターを調節しにくい場合」を参照して下さい。

  • マウスやトラックボール上のボタンが押せない場合、外部スイッチを接続してその入力を有効にする装置があります。
    また、 「第3章 3-2:走査法(スキャン法)でコンピュータを操作したい場合」 の中にも同様の機能を持つものがあります。